こんばんわ!

いぬい氏です!

今日はバレンタインでしたね。チョコ。もらえましたか?そして、チョコ、渡せましたか?

素敵なバレンタインになったことを願いつつ、今日は個人的に質問があったので、そのお話から

周りの評価を気にしない方法を教えてください

人間関係についてあるあるなお悩みでしょうか。こんなことがあったので、少し紹介をしていきましょう。

い「まだ数回しかやってへんのにこの感じでうまくなり続けたら、すごいうまくなりそうやなぁ

A「もぅ。あとから入ってきたのにうまくなりすぎやろ!

い「やっぱ同い年で、あとから入ってきた人に負けるのはいやか?

A「そらそうですよ!ただでさえ、運動ができて、勉強もできて…自分がこだわってやってるスポーツまで負けたくないんです!

A「それに、私はともかく、ほかの人で、うまくなっていく様子をめっちゃ気にしてる子いると思いますよ

こんなことをいう同い年の生徒。先輩にも聞いてみると

い「どんどんうまくなっていってるなぁと思うんやけど、ちょっと人間関係のことで、心配になるかなぁとか思うんやけど…

B「私らはそんなに気にせぇへんくていけると思うけど、やっぱ気にする人はいるやろうなぁ

C「私だって、気にしてますよ!、そりゃ、私なんて……………

こんな感じで、話が進んでいくことがありました。

つい「周りと比べる」ことをしがちですよね。

先生同士で話していても、「同じ教科を持ってる○○先生と比べられて、つらい思いをしたことがある」ということをきくことがあります。

周りと比べたところで、なにか良いことが起こるわけではない。それはわかってはいるんだけど…つい…。そう生徒も大人もなってしまいます。

いぬい氏自身周りと比べて、周りに合わせようとするあまり、しんどくなることもありました。わかってもらいたい。そんな思いが前面に出てしまった時です。

この「わかってもらいたい」思い。これが止められないし、止まらないのです。

では、どうしますか?まず第一におすすめするのは「自分自身がこだわること、大切にしたいことを見つけること」です。

例えば、あるスポーツをしているなら、○○の部分では負けない。という強みを持っていること。

次に相手への妬み、うらやみになる人におすすめなのは、「相手への尊敬と配慮の姿勢があること」が大切になります。

すごさを認める…。これってすごく大変で、難しいことですよね。認められない人は「自分自身のすごさってどこにあるのか」をなかなか感じ取れていない人だと思います。そうした人は、まず「自分自身がこだわること、大切にしたい事」をチェックしてみてください。きっと、自分らしさがどこかにあって、大切にしたいことが見つかるはずです。

周りと比べてしまうのは「周りからの評価で自分自身の価値をきめようとするから」だと思います。そうではなく「自分自身が持っているものに価値があること」に気づいて、自分自身が大切にしたいことを大切にできていることを評価する。そうした時間を作ってみてください。

少しずつ、周りとのかかわり方、自分自身との向き合い方が変わると思います。

質問、書いてほしいことがあれば、教えていただければ、話題に合わせて提供できたらと思います。

ぜひ、活用してくださいね!

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。