こんばんわ!

いぬい氏です!

今日は1か月の振り返りをしている中の気づきからのお話

い「1か月の出来事の振り返り、ようけ書けるようになってきてるなぁ

A「いっつも朝に書く時間を決めて書いてるから、平日はいけてるわ

い「(なにかを習慣化する時のポイントができてるなぁ)

どう?ポジティブな本音とネガティブな本音も書いてみよか。

A「( ..)φメモメモ

A「あんまりかけへんわ~

い「OK。それじゃあ、出来事から見直していってみよか

こうして、ポジティブな本音やネガティブな本音を振り返りながら、自分自身が1か月過ごして得た教訓を振り返る時間を1時間ほど取り組んでいました。

ポジティブ。ネガティブ。皆さんはどんな風にとらえていますか?

Aの振り返りの中でも、「過去に引っ張られてしまう」という気づきがあったり、「週の初めにネガティブに入ってしまうと、その1週間引きずってしまう」なんていうことを気づきとして書いていました。

いぬい氏としては、「ポジティブな振り返りだけでなく、ネガティブな振り返りもしてこそ、1か月のパフォーマンスを高めていくことができる」と思います。

Aとの話の中でこんなことも話していました。

A「友達でポジティブなキャラのイメージで普段生活してるからさ。ネガティブを吐いてた人がいなくなってめっちゃ困ってはんねん

い「へぇ。そうなんや。ポジティブってのもなかなか大変やなぁ。自分はどっちかといえばネガティブからポジティブに変わっていった人やけどさ。やけど、ネガティブをないものにはできひんしなぁ

A「どうやってネガティブの流れから抜け出せたん??

い「たぶんやけど、どっかで転換点が来ると思うねん。自分の場合は、「周りのことを気にしなくなった」時かなぁ。ポジティブにしてもネガティブにしても、バランスが崩れるのって大概周りのこと気にして無理するからやん?

こんな話をしていましたが、いま、ポジティブ。ネガティブについて改めて見直していると、「自分の土台」がいい意味ではっきりしたときから大きく変わっていったなぁと思います。しんどくなりながら、トラウマのいじめの全容を振り返った時、吹っ切ることができてきた。それは、結局、「こうした生き方を続けることはいやだ!」という叫びだったようにも感じます。

ネガティブで悩んでいる人も、ポジティブで悩んでいる人も。一度「やりたい事ややりたくないこと。を紙に書き出しながら振り返ってみる時間を持ってみる」といいと思います。やりたいことややりたくないことの先にヒントがありますよ。

それではまた!

 

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。