こんばんわ!

いぬい氏です

今日は成績のお話をしているときに同僚の先生から言われたこんな言葉から。

A
この子の作品見てください。どう思いますか?
いぬい氏
ん??そうですねぇ。ちょっと微妙なような…
A
やっぱりそう思いますか?この子絵のセンスは抜群なんだけど、教師側の意図を汲んで作品作りをしないから、発想点は高くなるんだけど、技能点はそこまでBとか。それ以上つけてあげられへんのよ。
いぬい氏
あらら。そうなっちゃいますかぁ。
A
こんな風にする子がクラスの中に3人くらいいてね。別にいいんやけど…。けど、こっちを見てくれる。この子なんか同じ作品をちょっとずつ工夫改善して3枚も出してきてくれてるんよ。
いぬい氏
おぉ。これは確かに。ちょっとずついい感じになってるなぁって素人目に見ても感じますね!
A
でしょ。この子いっつも同じテーマの作品ばかりではあるんやけど、幅を広げることができないんなら、できないなりにこうして突き抜けていけば、評価としては技能としても発想としても意欲としてもA評価をつけられるよねぇ。
A
まぁ幅を広げられる人は広げたらええねんけどな。

幅を広げられる人は広げたらいい。だけれども、広げられない人は、こだわって突き抜けていったらいい。

これって「凡事徹底」という言葉に通じているような気がしませんか?

いぬい氏自身も正直言って映画・演劇、そして映画や本を読んだ後にレポートを書く。そんなことしかできず、いつも工夫がなく量ばっかりやなと注意をされている「幅を広げられない人」だと思っています。

人生で初めてレポートを書いたとき、400字程度のレポートを書くのに2時間以上かけてしまっていたことを覚えています。

今でこそ、映画や本、様々に学んだことを通じて、100本・200本を積み上げて、少しずつ突き抜けられてきたかなぁ。なんて感じていますが、決してうまくいっていたわけではありませんでした。

けれど、今日のお話の通り、「凡事徹底」ができること。それも一つの才能だと感じています。1日3分間。自分の1日に関心を持つ。そんな小さな小さな時間であっても、100日続ければ300分=5時間もの時間、自分自身の1日の経験のために使ったことになります。

自分自身にセンスがない。できることがない。そんな人も、ぜひとも1日3分。今日「なるほど」とか「へぇ~すごいなぁ」って言った出来事を振り返り続けてください。1日1つ印象に残る出来事や成長できた感覚が得られれば、どんどん成長して、どんどん自分自身がしたい生き方に近づいていけるようになりますよ!

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。