こんばんわ!

いぬい氏です。

皆さんは1か月前と比べて「成長したなぁ」と感じて過ごしていますか?

半年前と比べて「こんなことができるようになったなぁ」と感じながら過ごせていますか?

1か月の間にもいろんな出来事がありますよね。そんな「1か月の振り返り」をしていたお話から。

A
いやぁ。できごと言っても、仕事ばっかりで全然ないわ~
いぬい氏
みたいですねぇ。出来事といっても、そんな大きいことじゃなくてもいいんですよ。「なるほど」とか「へぇ~」とか、そうした気持ちの揺れ動きに敏感に反応してあげられたらきっとたくさんの気づきが1日の中にも出てくると思いますよ。
A
はぁ。なるほど。それやったら来月は携帯のメモを活用して、1に1知1日の気づきをメモってみよかなぁ
いぬい氏
いいですね。来月はそのことを意識しながら進めていきましょうか。

少しずつ「1日小さな時間の振り返り」を積み上げることで、1か月の質を高めることができることに気づいてこられてきてる様子。これは嬉しい感じですね。先月も振り返りを受けていて、気分が乗ったらやります。といっていたBも

B
出来事書いてみると、真ん中以降、本当に大きなことが起こって、どうにか支援してあげたいんだけど、どうすることもできなくって…今でも思い出したら涙が出てきてしまいます。
いぬい氏
う~ん。確かに、何か力になってあげられたらいいですよねぇ。でも、どうやらこれまでの「共感」を軸にしたかかわりではこの課題を乗り越えることは難しそうですねぇ。
B
共感することで何とか乗り切っていけたらと思っていたんです。でも、共感するにしても、そんな状態になったこともないし、見たこともないし。どうしたらいいんでしょう

誰かの力になりたいと思う人ならきっとこうした経験があるかと思います。皆さんならどうされますか?

いや。今はそっとしてあげた方がいいんだよ。と声をかけて、そこでおしまい。というのが一般的でしょうか?

いぬい氏自身もこの言葉はさすがに少し参りました。「自分も共感でよく人とのかかわりを作っていくし…」と。

しかし、自分がしんどかった時のことを思い出して見ると、「どれだけ重かったとしても、話を聞いてもらえただけで全然違ったなぁ」と気づきました。

そこで、

いぬい氏
それなら、「ご本人」がどんなことを望んでいるのか。という視点で考えてみませんか?
B
え?
いぬい氏
来月の方向性は「地域を守る」と書いてくれていらっしゃるじゃないですか。これって何か力になりたいというところから来ているんですよね。
B
はい。
いぬい氏
だけど、ご本人たちが本当に望んでいることは「地域を守ることだ」と考えておられるんでしょうか?
B
いえ。その方はあんなことがなくても3月いっぱいでお仕事を辞められる予定でしたので。
いぬい氏
なるほど。それだったら、ご本人たちがしてほしい。だけど、自分の力では今はとてもじゃないけれど、できないこと。そんな支援をBがしてくれれば、相手はありがたいでしょうねぇ。
B
たしかに、地域を守るというのは今私ができる限り、その方が担当していたころと同じ状態を維持して返してあげたい思いからで動いていましたが、しっくりこないところを感じていました。自分の力ではできないことですか。考えてみます。

こんな振り返りをしていました。

過去をきちっと振り返る中で、着実に「自分自身が来月どうするか?」のヒントを得ることができている。この状態がとても素敵なことであり、大切なことではないかなぁと感じます。

なにか行き詰った時には、「1か月の振り返り」をして、ぜひとも「頭と心と身体をリセットして次に進む」習慣を大切にしてみてください。

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。