こんばんわ!

いぬい氏です。

3年生の卒業式直前。いよいよだなぁと感じる中で、3年生送る会が行われました。

感謝の送りあいに、「心洗われる」というくらいしか思い浮かばないいい時間を過ごせていました。

こうした時間の中で必ず出てくる言葉が「夢に向かって頑張っていきます」という言葉なのかなぁと思います。

夢。みなさんはありますか?目標。みなさんはありますか?今日1年生の道徳の授業の中でこんな質問がありました。

「理想の先輩」と聞いたら誰を想像しますか?そして、「理想の先輩になるための3か条を考えてみよう」と。

いぬい氏にとっての理想の先輩像は「やりたいと思うことを応援してくれ、サポートしてくれる」「先輩自身が夢や目標に向かって走っている」「苦手なことも、できないことも受け止めながら一緒に考えてくれる」3つでしょうか。

1年生の中でも出てきていた答えの中にこんな言葉が並んでいました。

「優しい」「自分のことができる」「周りのことをよく見ている」「あきらめずチャレンジしている」「話を聞いてくれる」などなど。

授業では、これらを頑張っていく必要があるよね。意識していく必要があるよね。ということで、来年度また、具体的に目標を落とし込んでいくときに参考にしていくという形で終わりました。

意志を持つことができたこと。素敵なことだなぁと感じます。

まず何より、「先輩になる」意志を持つこと。決して年上だからと言って偉ぶったりするわけではなく、サポートし、支え合いながら成長していく。そんな人になっていきたいという意志。

師匠の大学の先生に言われた言葉にも「社会貢献せよ。会社のみに貢献するな」と。そんな言葉を聞いた覚えがあります。

理想を考えたら、自然と「社会に生きている人をサポートしていきたい」という話になり、その意志をどう育ててあげるのか。そんな話になっていくのかなぁと感じていました。

でも、意志を持つことって簡単でしょうか?まして、夢を持つことって簡単なようで難しいのかもしれません。

意志を持つためには「自分が何が好きで何が嫌い(苦手)か」を知ることがまず第一にあると思います。

感じたことを「どこかに書き留めておくこと。」それが意志をもつ第一歩ですよ。

それではまた!

 

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。