こんばんは!

いぬい氏です。

今日は調理実習やレクレーション大会など、生徒たちにとって楽しみが目白押しな1日でした。先生も一緒に参加し、大人っぽくなる生徒たちと一緒に、ケイドロ(ドロケイ)を全力でやる。そんな時間を過ごしていました。

そんな日の1時間目。1年間の締めくくりの授業の時間で、「避難所を運営するゲーム」を取り組んでみました。「避難所を運営する際にどんな問題が起こりそうですか?」そんな質問から始まった今日。ワークを進めながら、いろいろなことに気づいていました。トイレがなかったらどうしますか?毛布が届いたらどこに置きますか?ペット同伴の人をどうしますか?情報掲示板を作ってほしいと頼まれたら?そもそも、「誰をどの場所におくか?」について悩んでいました。

あなたが避難所を運営するなら…限られた場所を最大限活用してどうしていきますか?

様々な救援を求められ、それに応えていく。その時必要な力は「想像力」だなぁというように感じました。実際このゲームを運営している中で、「えぇ~犬が一緒にいるところで一緒に過ごし続けるとか絶対無理!」とか「おじいちゃんとかおばあちゃんとかが冬の寒い中過ごし続けたら死んじゃうかもしれへん。優先的に中に入れな」とか。「ポータブルトイレ20個?そんなもんいらんわ!」とか「こんな忙しい時に取材!?受けられるか!!」「でもさ…受けたらPRにならへん?自分たちが救援を必要としていることの…」「そうかぁ…」なんていう会話がそこかしこで起こっていました。

あなたも普段の生活の中で「想像」してますか?きっと当たり前のように、「これからプレゼンだなぁ。資料の準備はばっちりだし大丈夫。こんな質問が来ても対応できるようにしたし」みたいなそんな想像を日々行っていると思います。

でも、「自分自身の1日の生活」に対して「想像力」を使っていますか?

1日どんな風に過ごして、どんな風に感じていただろう?と振り返るのも一つ。今日1日をこんな日にしていこうと考えるのも1つだと思います。

そうした「自分のための想像力」は「自分自身を豊かにしていくために大切」だと思います。

ぜひ、「自分自身のために想像力を使う」=1日の生活を振り返る時間も持ってみてくださいね。それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。