こんばんは!

いぬい氏です。

「熱が足らん!!」と一喝されて…。くっそーと思いつつ、言われたこと以上の成果を出すために一生けんめい意地を張る。いぬい氏です。

「熱が足らん!!」と言われたらどう感じますか?なんだと!?と感じますか?それとも、いやぁ…。それはそうだけどさ…くらいで終わりますか?

いぬい氏的には「お前はあれができていない」「どうして前言ったことができていないんだ」「連絡していない中で勝手に決めつけるのは違うだろう!」「ぎりぎりになってから動くのではいけないんだ!など…。正直、「腹が立つ」と感じます。が…それでもなお、どうしてチャレンジし続けろ!と言い続けていただけるのだろうか…。そんな風に感じています。

何にせよ。「自分の感情を前面に出していく」力を発揮しないまま、何もしないまま終わっていくぞ。日常にのまれて行くぞ。そんなんでいいのか?と。

読んでいるあなたにとっても「そうかも…でもなぁ…」と感じることはありませんか?

「熱」や「勢い」っていうのは自分の「意志」だと思います。学校にいると常にあるのが「担任をしたい!」という熱を持った人がいるという事。「担任」をもってかかわっていきたい。という意志。訴えていきたいという意志。そうした思いを伝えるというのが本当に「世界を変える」ことだと感じます。「熱」がなければ何も伝わらない。

この「熱」を高く持つことは人によって全然違うと思います。それをミックスできるからこそ、「大きな世界」に影響を与えられ、価値を作っていけるのだと思います。

あなたは何に「熱」をもっていますか?その「熱」をどう生かしていますか?

もう年度末。別れの時期を超えれば新たな出会いの時期がやってきます。そこで、「自分の熱」を活かしながらかかわれる自分を作っていくために。今の時期に振り返っておくといいかもしれませんね。

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。