おはようございます!

いぬい氏です!

昨日はちょっと暑かったり、かと思ったら夜は寒かったり。1日の寒暖の差が激しくて大変な一日でしたね。体調管理に気を付けないといけないところです。

皆さん「犬」って飼ってますか?

犬とか猫とかきっとペットを飼われている方は「全くしゃべれへん癖して、ほんまに自分に一番寄り添ってくれてるかもしれへんわ」と感じたことありませんか?

いぬい氏自身もそんな経験があります。

なんで一番しんどくてつらい時に近くに寄ってきて一緒にいてくれるんだろう?

犬は何にも考えていないで近づいてきてくれているだけかもしれません。

でも、そこには「気にかけてくれている」という感覚があると思います。

近寄ってきただけで「うっとうしい」と感じる人もいれば、「ありがとう」と感じる人もいます。「気にかけてくれている」という感覚でとらえる人もいれば「めんどくさい」という感覚でとらえることもあると思います。

同じことをまったく違う感覚でとらえる。「どちらが優れている」というわけでもないですが、自分が感じ方を選んでいるということは知っておくと「思い込み」に振り回されなくてよいですよ。

つまり、どう感じるか?を選んでいる。ということだと思います。

昨日1か月の振り返りをしていた中で「ポジティブな本音」と「ネガティブな本音」を書く欄があるのですがそこに「これまでしてきたことの習慣のスピードが落ちている」をネガティブに「予定をつめて動くことができた・方向性がさだまってきた」がポジティブに書いていた子がいました。「これまでしてきたことの習慣のスピードが落ちている」に対して理由は「めんどくさい」から。

あなたはどうとらえますか?

きっとほかにも「意味づけ」があると思いますよ。(一度考えてみてください)

 

 

 

 

ちなみにいぬい氏なら…。

 

 

シンプルになってきたんじゃない?

と答えます。(もちろん「正解」のとらえ方なんてありませんからあなた自身の答えでOK!)

いろんなとらえ方があると思います。そのいろんなとらえ方を楽しんで過ごせるといいなぁと思います。

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。