こんばんは!

いぬい氏です

今日は学級の目標を決める時間と、修学旅行の班長決めの時間の中でのことでした。

皆さんが中学生の時「学級の目標」はどう決められていましたか?

中学校3年生。クラス目標「志望校合格!!」とか「進路実現!!」とか。そんな言葉を目標にしていましたか?それとも、「中学校生活最後の1年間を最高の時間にしよう!」といった、「今」を大切にする目標設定をしますか?

子どもたちの意見の中でこんな意見が出ていました。

「Dream Catcher~夢を夢のままで終わらせない」「初志貫徹」「日々努力」

「彩~1人1人が主人公」「二宮金次郎」「勇往邁進」などなど…。

皆さんならどれを選びますか?

いぬい氏的には「Dream Catcher~夢を夢のままで終わらせない~」という言葉は素敵な言葉だなぁと感じていたのですが、ある生徒にこんなことを言われました。

A「先生、夢をかなえることを目標にするなんて、夢っていうのはとっても大きくって時間をかけて達成するものでしょう?そんなものを学級目標に掲げるのは間違ってると思うんですよ。それだったら、今自分たちが大切にしていきたいことを目標にして考えていく方がいいと思うんです。」

(おぉ…。勢いで圧倒されたけど、その通りやなぁと感じる部分もたくさんあるなぁ)

さて、あなたは「夢」と「目標」についてどのように考えていますか?

「夢」はかなえられるかわからない願望「目標」は達成までのイメージが持てる願望といぬい氏は区別してみています。

さて、Aに対してどんな言葉を返しますか?

そうやなぁ。その通りや。で終わるのも一つなのですが、振り返って改めて考えてみると、「夢はとっても大きくて時間をかけて達成するものだけれども、とっても大きくて時間をかけて達成するものも、目標として落とし込むことができるよ」と伝えてあげられたらなぁと思いました。どれだけ時間がかかるかわからない夢は不安ですが、「現実的なステップ」に落とし込むことができたら?そして、達成に向けて着実にステップアップしているイメージが自分の中で描くことができたら?それは間違いなく目標だと思います。

大小にかかわらず、「目標」の設定は大切なのだろうなぁと感じます。

まずは1日の目標や1時間の目標を決めることからはじめてみてくださいね。

そして「振り返りの時間」も大切に

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。