こんばんは!

いぬい氏です。

今日は「幸せ」について話している時間がたくさんあったので、「幸せ」について。

あなたにとって「幸せに感じる時間」ってどんな時ですか?

いぬい氏にとっては「好きな人と好きな時間を共有できること」や「好きなことをすることができる時間」が「幸せ」に感じられる時間だなぁと思います。

でも、話しているときにこんなことを言われました。

幸せを感じるためには不幸せな経験がないと感じることができないんじゃない?

ほ…ほぅ。確かにそうやなぁ。「幸せ」の反対に「不幸せ」がある以上、当然幸せと感じられることがあれば、不幸せに感じることもある。「幸せな時間をどれだけ増やそうとしたとしても、不幸せがあるから幸せを感じることができる」と。

「不幸せ」は来てほしくないことではあるものの、「不幸せ」の意味を作ることができると、少しだけとらえ方が楽になるのかもしれないなぁと感じていました。

あなたにとって「不幸せに感じる時間」ってどんな時ですか?

どちらの時間も「振り返る」ことで冷静に意味をつけていくことができれば、活かすことができると思います。

あなたは「嬉しかったこと・悲しかったこと」1日何にもない日はないと思います。

その1日から「何を残しますか?

1日1日を大切に。

また明日から、お仕事だったり、学校だったりですが、頑張っていきましょう!

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。