こんばんは!

いぬい氏です。

あなたにとって印象に残っている言葉はありますか?

学校の先生なら一度は言われる「あなたのほんの一言が、生徒に大きな影響を与えることがあるんだよ」と。これに「先生」の言葉が印象に残る子もいます。(確かにいぬい氏自身も先生に言われた「破滅するぞ!」や「学び続ける情熱を持て」といった言葉が印象に残っています。)

さて、どんな言葉が印象に残っていますか?

ポジティブな言葉ですか?ネガティブな言葉ですか?

自分の心の中においている言葉」は「自分の生きる姿勢」の基本となる言葉になると思います。1時間の講釈をもらう事よりも、たった1度の出会いのたった10分間の出会いで、その人の人生が大きく変わるなんて言う例も紹介されているほど、人は「変化していく」存在だと思います。

いぬい氏自身「印象に残っている言葉」はどこか、自分自身の生き方のベースになっています。もちろん、いい意味でも悪い意味でも。

ただ、もしあなたが印象に残っている言葉を持っているならばすこし考えてみてほしいのです。

なんでその言葉が自分にとって印象が残っているのだろうか?

いぬい氏自身は衝撃の大きさでした。「大学にまでやってきたのに破滅する?!信じられない」と。一方で「自分自身がこのままではいけない…」という焦りとも共感していました。

きっと「印象」の裏にはどこか「共感」があるからだといぬい氏は思います。

「共感」するということはあなたが大切に思っていることに近いという事でもあります。

いぬい氏自身、この原点を考えたときに思い起こされるのは「無力な自分」です。いつでも、無力だった自分に還り、ゼロからやり直していくことはできるという原点を思い続けています。そして、共に育っていく人がいれば、生き方はどんどん変わっていくし、見方考え方もどんどん変化していくことができると思っていること。それを大切にしたいことを思い起こしています。

もう1度聞きます。「あなたにとって印象に残っている言葉はありますか?」

あなたの「大切」に寄り添うためにも、1度考えてみてくださいね。

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。