こんばんは!

いぬい氏です!

この時期にまさかこれほど「修学旅行」にむけて忙しいとは…なんてお話ししている中で出てきた「段取り」という言葉から今日は振り返っていきたいと思います。

あなたは「段取り」に対してどれくらい注意を払っていますか?

①段取りをたてても、うまくいかないから立てないようにしている

②段取りを建てはするけれども、結局最後までやり切れないからほどほどにしている

③段取りを建てて、きっちりとその時間にそのことをやることに集中している

さらに期間についても1日の計画ですか?1週間の計画ですか?1か月の計画ですか?

いぬい氏はこの春までは②の状態でかつ1日の計画をその日の朝に立てて過ごしていく状態でした。すると、「抜け落ち」や「見通しの甘さ」によって課題が大きく負担になってしまう状態が続いていました。今は③の状態で1週間の計画を立てる時間を前の週の終わりの日に確保するようになりました。

「計画」を立てる時間を作れば仕事が遅くなるのでは??と個人的にも心配していたのですが、むしろ、「行動」までの時間が短くなり、自分自身の仕事を終わらせるスピードは以前に比べて早くなったなぁという印象があります。(やみくもに雑談することも減りました)

今は目の前の仕事のタスクを終わらせることに優先した「計画」を使っているのですが、もっと応用すれば「自分自身の理想とする事」に対しても当てはめていくことができるように感じています。

第一歩として「朝起きた段階で今日1日行う事が決まっている」状態を作っていくことを意識してみるとよいですよ!」周りに振り回される環境にある人はなかなか難しいかもしれませんが、コントロールできる部分をきっちりすることで、いろいろなことがスピードアップして行うことができますよ!(結果的に遊ぶ時間も増えて、一石二鳥といったところでしょうか)

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。