こんばんは!

いぬい氏です!

今日は1カ月間でどれだけ動いていたのかを報告する時間がありました。その時に、「そういえば、前にお話ししたのは半年前でしたね。この半年過ごしていてどうですか??」

「ん~。以前よりもお仕事のスピードは速まってきていると思いますが、居心地の良さという意味ではちょっと…。」

そんなお話をしている中で気づいたことは「必要とされている感覚」がどれだけあるか?というのが、「自分自身の満足度」を大きく決める要素としてあるということです。

SearchInsideYourSelfの本の中にも「私は有能か?」「私は善良な人間か?」「私は愛される価値があるか?」というアイデンティティにかかわる課題とどう向き合うか?が満足度を決めることに大きな影響を与えるとありました。

「どうとらえるか?」は自分の自由ですと言いました。ついつい引っ張られる時こそ、そうした冷静に自分をとらえる見方、考え方が大切になるなぁと思います。

いぬい氏の中でおそらく「頼りにされる」とか「力になりたい事を行うことができる」とか。そうしたことを実現できる状態を維持したい。そんな思いがあると思っています。

「しんどいなぁ」「うまくいかないなぁ」という人はぜひ、頼ってくださいね。

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。