こんばんは!

いぬい氏です。

今日は中学校の先生が集まって、研究会をいかに進め、いかに発展させていくか?について考えていく時間を持っていた1日でした。教育長の言葉の中に①地域に根差し、地域に貢献してくれる人材を育ててほしい②グローバル人材に対応する人材としてファーストという発想にとらわれすぎず、多様な見方、考え方を受け止め、発展していける人材に育ってほしい。そうした願いについて話されていました。学校の先生のトップの立場に立つ人が教育をどう見ているのか。「危機感」という言葉に集約されているなぁと感じて聞いていました。

人口が減少していく」未来に対して「どんな希望のストーリー」を描くのか?それを持つことができない点で、悩むところでもあり、考えていくべきところでもあるように感じます。

さて、そんな話ではあったのですが、あなたは「危機感」をどんな風に感じていますか?

北朝鮮のミサイル問題ですか?アメリカンファーストに対して自分たちがどうなるか?という事でしょうか?確かに社会的な問題で心配されることは増えてきているように感じます。しかし、「仕事を抱え込むこと」の結果、ぼんやりして、事故してしまう…。なんていうことも起こしてしまうくらい、「自分を大切にできていないこと」で結果的に「自分が損をすること」というのがあるようにも感じます。

あなた自身「どれくらい、自分自身に気を遣っていますか?

そして、「どれくらい、自分自身のケアのために時間をとることができていますか?

「どんなことも経験だよ」と言ってもらえる一方で、やはり不幸なことはできるだけ避けられた方がうれしいのが正直だと思います。いぬい氏自身も改めてそう感じました。

(それでも切り替えが早すぎるだろ!と思われたとしたら、きっと「マイナスの出来事」を「経験」としてとらえる方法を学ぶだけで少し変わっていきますよ!)

ぜひ、「自分を大切にする」生き方を大切に。皆さんも過ごしていけますように。

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。