こんばんは!

いぬい氏です

今日は髪を切ってもらっている間に、定員さんと話していているとこんな話がありました。

「最近ストレスがたまりまくってて、発散やと思って暴飲暴食をしてしまったら、めっちゃ太って…。しかも胃が限界を超えちゃって、ご飯が一切食べられなくなってしまって…ほんま大変やったんです…。それで今は、ちょっと前のアメリカのドラマにはまっていて…。家でしないといけない仕事とかぎりぎりになって徹夜と気合で乗り切る。みたいな生活をしてしまってるんですよ。あほでしょ。わかってるのに…」

ついつい、現実逃避のために、違うことに時間を使って、自分を追い込んでいってしまう…という経験ありませんか?

いぬい氏自身もつい3月まで好きな事ばかりに集中し、締め切りぎりぎりになって気づいた仕事に振り回され、結果的に自分のペースが乱れ、帰る時間がやみくもに遅くなっていく…。そんなことになっていました。つまり、「想定外の追い込まれ方」を自ら選んで進んでしてしまっている。ということになります。

選んでるつもりはないのに…。という人もいると思います。けれど、いつの間にか「選んでいる」というのが正しいのかなぁと思います。

選んでいるということは「変えることができる」という事でもあります。

TODOリストを書く。けれど、1日単位ではなく、1週間単位で。1か月単位で。など。

計画を立てる時間を動く時間を少し削ってでも確保していくことが大切だと思います。

店員さんも「TODOリストを書いたことがあるんだけど、やるべきことがたくさんありすぎて丸めてポイしちゃいました」とおっしゃっていました。

少し、長い目で見る。そんな見方を訓練して手に入れると、きっと、「ストレス」に対しても対応がしやすくなると思いますし、現実逃避の時間も減って、好きなことに使える時間が増えてくると思いますよ。

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。