こんばんは!

いぬい氏です。

今日は1か月の振り返り、映画を3本はしごして、帰宅する生活でした。

振り返りの中で「自分自身の家族が安定してきたこと。ポジティブなものが書けているけれども、ネガティブなものもたくさん出てきているなぁ。」であったり「漠然とした不安」にどう向き合っていったらいいだろうか?」みたいな話が出てきていました。

あなたも「漠然とした不安」がありませんか?いぬい氏自身が映画をたくさん観に行って、学び続けようとするのもこの「漠然とした不安」から来ているのかもしれません。

けれど、「漠然とした不安」って実際に起こっていることはどれくらいありますか?

今日のお話の中でも、「大半は実現してないんや、やけど、やっぱり見えてこないことが不安やねん」とおっしゃっていました。

じゃあ「漠然とした不安」とどう向き合っていくのか。

今回の振り返りの中では「原因はなにか?」を追求することから入っていました。

原因はなにか?がわかると楽になれるというのはあるかもしれません。

ただ、「漠然とした不安」があるときに共通していることは「本当にかなえたい事とのギャップ」を感じているということだと思います。

例えば、「仕事によって収入は安定してきた。けれどもやる意味が感じられない。」としたときに、「仕事」における課題で考え続けると、「その人の一面」で考えてしまうことになります。そうではなくて、「私生活も含めて、本当にかなえたい事ってなんなの??」と考えてみることで、「仕事における不満」が「今の生活への不満」から来ている不安感だったなんていうこともあると思います。ポジティブなことも、ネガティブなこともあなたにとって、何か意味あるものとしてとらえ、過ごす毎日にしていけると、少し、日々の過ごし方や、生活が変わってくるかもしれません。

悩みから抜け出せないとき、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。