こんばんは!

いぬい氏です。

いよいよGWに突入しますね!それよりも1カ月があっという間にたってしまった。そんな風にいぬい氏は感じています。

1か月前を振り返ってみると…。新年度に向けてもやっとした気持ちからスタートしていたことを覚えています。何とかやっていけるような、だけど気持ち的に前向きになり切れていない。そんな自分自身の姿がありました。「担任」という仕事からはずれ、一方で、3年生という立場に一緒にかかわらせてもらい、「修学旅行」という一大イベントに一緒になって過ごすことができる。そこに「楽しさ」を感じつつ、「これまで以上にスピードが速く動いていく」ことを感じています。ほかにも、様々な役職が回ってきており、「自分の仕事」に加えて「周りの仕事」に関心を持つ必要性も出てきているのが1か月の自分だったなぁと感じています。

さて、フォローアップ・スローアップの1か月を終えて、何を得たのか?出来事のレベルから考えていくことや、収穫の種に至らせるまでにもう少し「書き出して」整理をする必要があるかなぁと感じています。とはいえ「新たな種まき」ができた1カ月となった感覚ではありました。中学校1年生にとって1か月は「あわただしく、とってもしんどかった」と言っていました。中学3年生にとっては「修学旅行に向けて楽しみな一方で、3年生として求められる段取りを考えたハイスピードな生活」にしんどさを感じているようでもありました。きっと、「何かを得ている」という感覚や「何かを経験している」という感覚は誰しもが持っていると思います。

GWは5日間あります。どんな風に過ごしてみますか?

1か月のうちのたった5日間ですが、「振り返り」にチャレンジするのにはちょうどよい5日間だと思います。新しいことをチャレンジする時まず3日間続けることを意識することが大切だと言います。すこしエネルギーに余裕が出る休みの時に、「振り返り」を大切に。それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。