こんばんは!

いぬい氏です。

今週1週間。修学旅行の準備に向けて、バタバタバタバタ…。

会議、準備、帰ってきた後のテストの準備。その中で、プライベートのこと。自分自身の事。環境をいかに変えていくか?やどういったチャレンジをしていくのか?休みをいかにして確保していくのか?子どもたちの好奇心をくすぐる授業。そして学びとしての質の高い授業をどうやって実現していくのか?

いぬい氏自身だけでなく、きっといろいろな人がいろいろなことで悩み、考え、「限られた」中で「よりよくしていくためには?」という点を考え続けているのだろうなぁと思っています。正直「疲れたぁ…」とか「もう頑張りたくないんよなぁ…」とか。そうしたことを感じる時間もないとは言いません。

けれど、こう考えることはありませんか?「どうせならもっといいものを出したい」とか、「しんどいけど、もうひと踏ん張りしたい」と。一方で、「まぁ。こんなもんでもできなくはないからいいか」とか「いやぁ。しんどくてもう無理やし…また明日にしよ」とか。

きっと2つに分かれると思います。思いは「どうせならもっといいものを出したい」とか、「頑張りたい」という思いだとしても、動きは「しんどいからまた明日」になっている人もいると思います。

2つの思いの結果を分けているのは何でしょうか?

気合いだ!根性だ!じゃないと思います。いぬい氏はどこか「遊び感覚」があるかどうか?かなぁと感じています。

「遊び」は楽しみますよね?そして「頑張れるところまで頑張ります」よね?

一方で「やらなきゃいけないこと」は「最低限」でいこうとします。

きっと、そこの分かれ目が大切なんだろうなぁと感じます。

自分にとって「遊び感覚」を身に着けるには「好き」が一番だと思います。

「好き」は知っている。からレベルアップしていくと思います。

ぜひぜひ、「未知」も楽しみに、そして、「やったことない」を「やってみよう」に。

明日はGW明けからようやくの休日ですね。

ぼちぼちと頑張りましょ。

それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。