こんばんは!

いぬい氏です。

今日はさすがに疲れて、ほとんど動くことができませんでしたが、男と女の違いについて、改めて感じることがありました。それは「恋愛相談」においてです。

こんな相談があったそうです。「彼氏がさ、やたら求めてくるんやけど…。自分としたら、くっついているだけで満足なんやけどさ……話し合ってもなかなかうまくいかへんし…」

………

男性としてはお…おぅ…。といった話でしょうか。

女性側の感じ方としては「しんどい時もあるからさ…。なんかかわいそうになって付き合ってしまうんやけど…」という事でした。

これが原因で別れてしまったりすることもあるそう…。

なんだか、残念なような…仕方がない…と言ってもよいのか?と感じるところです。

デリケートな問題だけに、相談しにくかったり、当事者間で話をしても、なかなか難しくなりがちです。

こうしたとき、どうすればよいのでしょうか?1人で悩んでいる状態から少なくとも共有された状態に持っていくこと。これが第一歩だと思っています。デリケートな問題も話せる関係になって、ちょっとずつ乗り越えていきながらかかわり続けていくことが大切だと思うからです。(距離感は人それぞれあるので、絶対的な正解もないですからね)

デリケートなコミュニケーションにおいて、大切にしてほしい3つのポイントがあります。

①相手目線で会話すること

②WINWINの関係性を意識すること

③2人の共通の目標を意識すること

先ほどの話において、男性側のいぬい氏が話すなら

①「しんどい時に無理強いしちゃってることがあるんだね。ごめんよ。断ったらまた気まずかったりすることもあるやろうねぇ」

②「ひっついていたいという目的と、こちらの目的が両方達成できる形ってないんやろうか?」

③「そもそもやけど、2人って一緒にいたいというのを何とか達成したいと思ってるんよな?」

といった具合です。

ちょっとした意識がコミュニケーションを変えていくと思いますよ。

ぜひ試してみてくださいね!それではまた!

投稿者プロフィール

いぬい氏
いぬい氏
小学校・中学校でいじめを受け、自分のことが大嫌いだった。大学受験にも失敗し、希望も持てなかったが、大学での恩師との出会いが自分を変えていった。2015年より教師となり社会科教員として勤めながら「いじめ0」に向けて映画館にて年間50本以上の映画を見、レジェメを発信し続ける。
全ての子どもたちが「安心でき、良さを発見でき、成長を感じられ、サポートする立場になれる」よう共に育ち共に学ぶ共育スペースを創設する目標に向けて日々邁進中。